海老澤宏升
  
経歴 1944年3月13日生れ。吟詠家・海老澤宏升師を父に持ち、幼少の頃より吟詠を指導され、数々の吟詠コンクールに入賞。 1974年にクラウンレコード全国吟詠コンクールで第1位入賞しクラウンレコード専属となる。 1981年には財団法人日本吟剣詩舞振興会主催、少壮吟詠家全国コンクールで3回の入賞をはたし少壮吟士(NHKオーディションと同じ資格)の称号を受ける。 以後テレビ(NHK及び民放)ラジオ(NHKFM等)舞台(日本国内はもとより、海外はロサンゼルス、シアトル、サンフランシスコ、ニューヨーク、オーストリア、プラハ、ニュージーランド)出演。又、企画構成吟詠の脚本、舞台演出、シンセサイザー音楽作曲を手掛ける。 1998年9月13日、先代海老澤宏升逝去により宏升流創立60周年大会にて二代目宗家を襲名する。
会 派 宏升流吟詠総本部
役 職 宗     家
  日本クラウン吟友会 運営委員代表
  日本詩吟協会 会長