ポエム・ファンタジー

ポエム・ファンタジーなんて仰々しい名前を付けてしまいましたが、既成観念にとらわれない自由な吟剣詩舞の表現が出来ないかを常に模索しておりました。吟詠だけで、剣詩舞だけでは愛好家は楽しめますが、愛好家以外は見向いてもくれません。数十年前から吟剣詩舞の構成番組に芝居を取り入れ、より一層判りやすく、楽しめる舞台を構成してきましたが、出演者が多数参加するような大きな舞台での構成する番組は、年間を通して何回も出来るわけでなく、準備期間も長く経費も莫大な費用がかかります。もっと簡素で、単純に楽しめる吟剣詩舞プラスアルファーを目指したいと思いました。しかし、脚本、音楽、演出、大道具、出演者経費、チラシ、入場券、プログラム等々の費用がかかり、魅力ある舞台を鑑賞して戴くには高いハードルが当然かかります。私には今までの脚本、音楽等の蓄積があり、その部分を無償にし、プログラムの作成、大道具の作成、舞台衣装は出来るだけ簡素に、しかし出演者はその道の熟練者、地区の参加協力を得て、年間数多くの人々に鑑賞して戴きたく立ち上げましたが、全国公演を展開して行く予定です。ポエム・ファンタジーは吟剣詩舞と語り(セリフのみで演技はしない)で歴史の探索、人物の探索をして行こうと試みます、多くの人々に吟剣詩舞と語りでこの世界の普及を目指したいと思っています。

是非、この試みを応援して下さい。

ポエム・ファンタジー・グループ代表  海老澤宏升